2017年11月18日土曜日

池の秋の気配と、田中の独り言

こんにちは、田中です。

ここのブログにて時々見かける「池」の存在、ありますよね。
池:夏の姿
夏場は大変涼し気な雰囲気を漂わせ、池の中にいるであろう(います)メダカを探そうとしてくれている方を見かけました。
たくさんの方に気にかけて頂けるのはとても嬉しいです。

あの池は私達の研究室で管理を行い、学校の環境作りを行っております。
畑も同様です。


しかし、夏場は良かった涼し気な空間も、雪のちらつく最近では寒々しいものに感じられているのかも知れません。

何故なら、寒くて外で池を見ている方を見かけなくなってしまったからです。



しかし、池はメダカを見るだけの場所、涼を求めるだけの場所では無いのです。


その証拠に、カモも何度もお見掛けしており、カラスだって、ヒヨドリ、シジュウカラetc...と、様々な鳥類が池の周囲で鳴いております。

函館にいたら普通に見られるような鳥たちの、ちょっと鳥らしい恰好(木の上で鳴いていたり、水浴びをしていたり)を池周辺では見られます。


そして金曜日には、こちらの方もおいで下さってました。

ダイサギ。

亀田川でよくお見掛けしておりました、この方。
大きな体躯で池にいらっしゃると、池が心なしか小さく見えるような気がします。

とにかく、大きく真っ白な体が存在感を放っておりました。


しかし、こんなにも存在感を放っておられるダイサギに気付かず、見逃して歩いていく人がほとんどでした。
(スマホを見ていたりと、池の方を見ている方はいませんでした)


私達は鳥類の研究をいているから興味があるだけでは?と思われるのでしょうが、
函館といえど都市部。
せっかく身近に自然を感じられる環境が学内にあるというのに、活用・観察の機会を逃してしまうのはなんだか勿体無い気がします。

なので、見逃してしまった方にも見てもらう、興味を持って貰うため?に、たくさん撮ったダイサギの写真を載せておきます。

冷たいであろう水の中をしゃなりと歩くダイサギ
上陸
ススキ?の真似したってバレバレ、隠れられてない。
柳の下をはんなり歩く。
木の又からひょっこり顔を出す、しかし目立つ。


たくさんぼやいてしまい、気分を害された方がおりましたら申し訳ありません。

そして、最後まで読んで下さりありがとうございました。

2017年11月15日水曜日

アカデミックリンク2017で審査員特別賞を受賞しました

こんにちは、高松です。

11月11日(土)に千代台にある函館市青年センターにてアカデミックリンク2017が開催され、アメシロ班(鎗田、高松)が参加しました。

アカデミックリンクとは函館市内8高等教育機関の学生が一堂に会し、普段研究している内容や成果などをポスター展示や実演などによって発表し合う合同研究発表会です。

学祭のときに研究室で作った三上研(withG)Tシャツに「害虫調査中」の腕章を
 つけて挑みました(*'▽')
このファッションに気付いてコメントをくださった方もいてうれしかったです('ω')

ポスター発表のブース




ここでなんと、審査員特別賞を受賞することができました。

授賞式の様子

授賞式後


参加している学生や審査員の方、さらに一般の方々に自分たちの研究を知っていただく機会を持つことができて良かったです。
卒論発表会の前にこのような形の発表の練習もできてとてもためになったように感じます。
また、ご指導くださった三上先生や発表のアドバイスをくださった研究室内の方々には感謝申し上げます。

いただいた賞状

アカデミックリンクで作成したポスターは研究室前に貼っておこうと思います。研究室付近にお越しの際はぜひご覧ください!

ここまで読んでくださってありがとうございました。


2017年11月2日木曜日

鮭の遡上と(ユリ)カモメ

こんにちは、田中です。
今年も早いものでもう11月ですね。

先日10月27日に、秋という事で、北海道らしい鮭の遡上を見に行って参りました。

田中は鮭、食べるの大好きですが、泳いでいるところは見たことが無い気がします。
スイスイ泳いでいる姿を見られるという事で、たくさん写真も撮って来ました。

本当はたくさん大きい鮭がいるのですが、川の中を撮影するのは困難でした。


岸に近付いて来たものは撮りやすかった!!



でも、大きさとか伝わりにくい……。



川には複数の鳥たちの姿もありました。

あ、あれ……あいつは…。

あの、ほっぺの模様は……。


ユリカモメだ‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼

ウミネコに混じって1羽だけプカプカと浮かんでおりました。

しかし、逆光で上手く撮れない…。
見えにくいのですが、
嘴と同じく脚も赤いのです。


そして遠くの岸には求愛行動中のオオセグロカモメが。

落ち葉を咥えては落とし、咥えては落としを繰り返し、
相手もその行動の真似をするとカップル成立らしいです。
落として、

拾う。

それを何度も繰り返すのです。



仲良く寄り添って川辺の散歩。

頭上を貨物列車が走っても気にしない。



今度は場所を移した所の鮭の遡上。

こちらは高い橋の上から見ました。

水が澄んでいたのでよく見えました!しかし、写真は難しい…。


海の近くということで、海岸にはカモメたちの姿も。

あれ…よく見ると、あいつは……。

あの、ウミネコ位の大きさに、可愛い顔は…。


カモメだ‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼‼
※カモメという名のチドリ目カモメ科のカモメです。うーーーーん、説明しにくい。

そして、こやつは幼鳥です、黒っぽいので。

未だに見分けることが難しいのですが、ウミネコと同じ位の大きさで、目が優しいものがカモメです。


調査地には滅多に現れてくれないので、見られて嬉しかったです。
約1年ぶりの再会です。同じ個体ではないと思いますが。


鮭の遡上も見られて、ユリカモメにカモメも見れてまさに一石二鳥。
帰りに聖ハリストス正教会へも行って参りました。


カッコいいポーズを決める学生&院生。
都合により、顔は隠してます。表情はイメージ。


とにかく楽しい日でした。

そして最近カモメオタクな気がしてきた田中…海の近くに行くとその姿を探してしまいます。


最後まで読んで下さり、ありがとうございました。
次の投稿も読んで下されば嬉しいです。

2017年10月24日火曜日

紅葉を見に行きましたよ!

 
こんにちは!お久しぶりの中川です!
今日は研究室メンバーと共に香雪園に紅葉を見に行ってまいりました。

昨日一昨日の台風による強風で散っているのではないかと心配しておりましたがとっても綺麗でした。まだ色づいていない木もあったのでまだしばらくは楽しめるのではないかと思います。
早速写真を載せますね。


香雪園ではライトアップを行っているので、夜に行っても綺麗です........!
夜がおすすめなんですけど寒いので温かい格好が必須です。


近付いて撮ってみたりして。
夜の紅葉は撮るのが難しい......上手に撮れるようになるまで練習したいです。
なんだかんだで毎年のように見に行っているのでもう4年ぐらい同じことを言っています。
気持ちが大事です。


もみじは落ちても綺麗です。なかなかエモい写真。


ライトアップのせいで何色かわからないのもあります。
これはいったい何色の葉っぱだったのでしょうか。



人を入れて撮ってみるのも楽しいです。最近のマイブームは「エモい写真を撮ること」なので日々精進していきたいと思います。
おそらく他のメンバーも更新すると思うので、他のメンバーの撮った写真も楽しみにしていてくださいね!


いじょう、なかがわでした!
(大学内の木の葉が落ちたらまた鳥の写真を撮りたい!!!)

三上研究室withG


 お久しぶりです、高松です!
樹木の葉の色も色づき始め、アメシロが降り注ぐ季節となりましたね。

 先日、10月14日、15日に北海道教育大学函館校行われた3年ぶりの学祭に「三上研究室withG」という名前でカフェを出店しました。ちなみにwithGとは準備や当日にお手伝いをしてくれた「Ganzawa(雁沢)研究室」のGです。
 
 メニューは「鶏茶漬け」、「スズメの盗蜜ジュース」、「ほうじ茶」、「いもむしケーキ」、「お持ち帰りできるいもむしのお菓子」です。
 部屋の装飾もかわいい看板を制作したり、みんなの研究にまつわるクイズを展示したり、いままで撮りためた写真を一部公開しました(*'▽')

かわいい看板

クイズや鳥の写真の展示

 持ち帰りいもむしが我々の予想に反して飛ぶように売れ、二日分の材料分が一日で売り切れたり、また反対に絶対売れると踏んでいたお茶漬けがあまり売れなかったりと予想外のことが起こり嬉しいやら悲しいやら。けどお米もお茶漬けもたくさんあっても困らないので結果オーライです
結果的に成功し、最後の学祭の思い出ができて良かったです😊


ずーしーほっきーもオススメ

スズメの盗蜜ジュース

寒くなりましたがお体にはお気をつけてお過ごしくださいませ。
ここまで読んでくださってありがとうございました。

2017年10月19日木曜日

白の身体、赤いクチ、赤い脚

こんにちは、田中です。

今回のブログのタイトルが何やら不気味な雰囲気となっておりますが、
決してホラーな話ではございません
田中ホラーとか怖い話は苦手ですので。


それでは今回の内容は何かというと、
いつもの如く江差町へ調査へ行った話です。


写真では伝わりませんが、強風が吹いております。

10月12日です。場所は鴎島。

この日は久し振りに風が強く、寒くない格好をして行きましょうという言葉をきちんと守れば良かったと後悔しました。

車を降り、いつもの調査地点を見るとそこには、


大量のカモメたち。+ウ

夏の暑い時にはその白の集団を見ることが無かったので、気分がハイに。


田中は双眼鏡を覗く前にカメラにて記録をします。

中田、そして先生は双眼鏡で白色の集団を観察しています。


一通り撮影を終え、次に双眼鏡を手に取り数を数えようとした時、先生が言いました。



ユリカモメがいる」


その一言に田中と中田に激震が走った。

しかし今は調査中……滅多に見られないユリカモメばかりに気を取られる訳にはいかない……。








気を取られる訳には…。




気を……




き………




誘惑に負けてたくさん写真を撮りましたが、
もちろんしっかりと調査を終えてからです。


風が強すぎてブレブレですが、大きさの比較ができそうな良い写真がありましたので、
それぞれの特徴と共に紹介したいと思います。

こちら本日の主役「ユリカモメ」さん


始めに、今日のブログタイトルであるユリカモメとオオセグロカモメとの比較。

オオセグロカモメ(左)、ユリカモメ(右)

ユリカモメは白い体に赤い脚と嘴をしています。
対してオオセグロカモメは白い体に黄色の嘴、そこに赤い点がある事が特徴です。


次にユリカモメとウミネコの比較。

ウミネコ(左)、ユリカモメ(右)

ウミネコは白い体に黄色の嘴まではオオセグロと同様ですが、嘴の点の色が赤と黒です。


大きさに関しては、
オオセグロカモメ>ウミネコ>ユリカモメ
の順になっております。


本州の方ではよく耳にするユリカモメ。
北海道の南に住んでいる私は初めて見たので新鮮でした。

可愛い顔をしておりますが、その鳴き声は……。




最後まで読んで下さり、ありがとうございました!!